夏休みにスズメバチがいたらプロに頼もうスズメバチ駆除

恐ろしいスズメバチを放ってはいけない

スズメバチ駆除後の対策は巣の再発生防止を心がける

スズメバチ駆除後の注意点

やっと蜂の駆除をしてもらい安全になったのに、また同じところに蜂の巣を作られてはたまりません。 蜂には巣を作りやすい環境がありますので、再発生しないように対策が必要です。難しくはありませんので確認してみましょう。

敷地内の草木は刈っておく
敷地内に草木が茂っていたら、蜂たちは草木に隠れて巣を作りますので草木を刈りましょう。草刈りを行なう前に、蜂が巣を作っていないか確認します。確認する前に蜂がいると危険ですので安全な服装で確認しましょう。蜂は黒いものや動くものに反応するので、白い作業服に麦わら帽子、帽子の上から防蜂ネットを被るといいです。
殺虫剤は携帯しておく
蜂の被害に遭わないためには、蜂駆除を業者に依頼しますが、山やキャンプ場、今では公園などでも蜂に遭遇してしまいます。そんなときにも対応ができるように蜂専用の殺虫剤を用意しておくといいでしょう。と言っても蜂の巣を見つけて噴射するためではありません。あくまでも襲ってきた蜂を退治する時に使用し、刺されないように身を守るためです。
甘い香りには注意
蜂は自然の花の香りだけでなく、私たちが使用している柔軟剤や香水にも寄ってきます。そのため、蜂がいそうな草木が多い場所に行く際には、香水や香りの強い洗髪料などは付けないようにしましょう。また柔軟剤の匂いにも寄ってきやすいので注意しましょう。草刈りなどに使用する作業着には柔軟剤を使わずに洗うといいでしょう。

営巣させない環境作り

蜂に刺されると命にもかかわりますので、再び蜂が巣を作らないように駆除後もこまめに点検することが大切です。

TOPボタン