夏休みにスズメバチがいたらプロに頼もうスズメバチ駆除

恐ろしいスズメバチを放ってはいけない

スズメバチ駆除をしないと夏休みが台無しになる

夏休みは危険がいっぱい~スズメバチ駆除の真実~

夏にサマーバケーションを楽しむ家族もたくさんいると思いますが、夏には危険が多く存在します。その危険の1つにスズメバチの存在があります。夏に活動量の増える蜂たちは人間を襲うこともあり大変危険ですので注意しましょう。

楽しいバケーションシーズンは蜂も元気

スズメバチ駆除が殺到するのは夏休み?
夏になるととても活動が盛んになるスズメバチは、数を増やし警戒心も強くなると攻撃の頻度が高くなります。そのため、夏休みに遊びに行って刺されてしまうケースも少なくありません。夏休みを別荘で過ごす方は、被害に遭う前にそのスズメバチの存在を確認しましょう。もし巣を作って近くを飛んでいたらすぐにスズメバチ駆除を行いましょう。
異常気象とスズメバチ駆除の関係
スズメバチ駆除をする前に、なぜ夏休みの時期にスズメバチは活発になり人を襲うのでしょうか。実は異常気象により猛暑が続いたためだといわれています。猛暑が長く続くとその分スズメバチもその数を増やします。そして巣の中の温度も上昇するため、たくさん繁殖したスズメバチたちは巣の温度を下げるために水を汲みに外へ飛んでいくのです。

早急にスズメバチ駆除したいならプロを頼る

危険な蜂に刺されてしまったら病院へ行くことしかできません。刺される前に蜂を見つけたらすぐに 蜂駆除業者に依頼しましょう。

プロに依頼するスズメバチ駆除の流れ

電話でヒアリング

スズメバチ駆除をまずは電話で依頼します。どのような状況(蜂の種類・ハチの巣の有無)かをしっかりと伝えて、金額の見積もりを確認し、日時を決めましょう。その場合に注意する点は蜂駆除の料金だけでなく、トータルの金額を確認しましょう。

現地調査

電話で決めた日時に、 蜂駆除の業者が来て現地の確認 をします。現地確認をした後に最終的な見積もりを出して問題が無ければそのまま依頼となります。依頼が確定したら蜂駆除を行なう事を近隣の人たちにも伝えておきましょう。

作業開始

蜂駆除を始める前には近隣の安全確保も行ないますが、事前に近隣住人に伝えておくことで安全性が高まりますので、忘れないようにしましょう。駆除作業は蜂の巣と死骸を取り終えると終了です。お支払は作業終了後となります。

大人も子供も気をつけよう~蜂のアナフィラキシーショック~

夏休みに家族で出かけたときに、家族の誰かがスズメバチに刺されてしまったら大変です。蜂に刺されると大人も子供も関係なしに、恐ろしい症状を引き起こしてしまいます。楽しい夏休みが台無しにならないように被害と症状の認識をしておきましょう。

子供が蜂の被害にあう事故が急増

蜂の標的は子供?退治はしっかりと行なう
過去に10人の児童をオオスズメバチが刺したケースがあります。このように複数の人間にも恐れずに向かってくるオオスズメバチは攻撃性が高く非常に危険です。また、通常のスズメバチよりも体が大きくて、刺した時に出す毒の量も多く死に至るケースもあります。大人・子供問わず襲ってきますが、体の小さい子供が刺されると特に危険ですのでスズメバチ駆除は早く行いましょう。
本当の恐怖は蜂毒のアナフィラキシーショック
蜂に刺されたときの症状は、赤い腫れやかゆみ、嘔吐、寒気などを引き起こします。しかし一番危険といわれている症状がアナフィラキシーショックです。アレルギーの反応でよく耳にする言葉ですが、蜂毒の中にはアナフィラキシーショックを引き起こすアレルギー成分が含まれているのです。蜂に刺された後のアナフィラキシーショックにより死亡する例もあります。
TOPボタン